救急相談窓口
外来診療・担当医

精神科・心療内科・内科・児童精神科・老年精神科(令和5年8月~)

基本的には予約制となっておりますが、急患も受け付けております。(tel:0238-40-3170)

受付時間
午前
8:30~11:30
佐藤
沼田
直長
澤村
渡部
直長 沼田
澤村
渡部
/
午後
1:30~4:30
澤村 岩本 岩本 /

 

専門外来(予約制)

精神科専門外来について詳しくはこちらをご覧下さい。

受付時間
午前
8:30~11:30
アルコール
(沼田)
ものわすれ
(澤村)
ストレス
(澤村)
発達障害
(渡部)
児童・思春期
(齊藤・須山)
午後
2:00~4:00
依存症
(岩本)
児童・思春期
(齊藤・須山)
不安症・恐怖症
(薛)


【アルコール外来】

過量飲酒により健康を害し、家族関係や生活の破綻につながることが多く見受けられます。
「お酒の飲み方に問題がありそうだ、どうも心配だ・・・」とお感じになっているご本人やご家族がいらっしゃる様でしたら、以下に示した1~4について当てはまる項目があるかどうか試してみてください。

1.自分の酒量を減らさなければいけないと感じたことがありますか?
2.周囲の人に自分の飲酒について批判されて困ったことがありますか?
3.自分の飲酒についてよくないと感じたり、罪悪感を持ったことがありますか?
4.朝酒や迎え酒を飲んだことがありますか?

これはCAGEと呼ばれるアルコール依存症のスクリーニング検査ですが、
1~4で2項目以上あてはまれば、アルコール依存症の可能性が高まります。
アルコール依存症は、慢性的に進行する「病気」ですが、回復可能な病気でもあります。
あくまでも予防第一と考えていますが、アルコール関連問題で心配したりお困りの方はどなたでもお気軽にご相談ください。



【ものわすれ外来】
 

もの忘れには、正常なものと認知症が疑われるものがあります。
加齢によるもの忘れと認知症によるもの忘れの違いの区別ができればよいのですが、現実にはなかなか難しいものです。

認知症の症状には、記憶障害や見当識障害、理解力・判断力の低下などの中核症状と、行動・心理症状(BPSD)に大別できます。

もの忘れ(記憶障害)
・数分前、数時間前の出来事をすぐ忘れる
・同じことを何度も言う、聞く
・しまい忘れや置き忘れが増えて、いつも探し物をしている
・約束を忘れる
・昔から知っている物や人の名前が出てこない
・同じものを何個も買ってくる
時間・場所がわからなくなる
・日付や曜日がわからなくなる
・慣れた道で迷うことがある
・出来事の前後関係がわからなくなる
理解力・判断力が低下する
・手続きや貯金の出し入れができなくなる
・状況や説明が理解できなくなる、テレビ番組の内容が理解できなくなる
・運転などのミスが多くなる
仕事や家事・趣味、身の回りのことができなくなる
・仕事や家事・趣味の段取りが悪くなる、時間がかかるようになる
・調理の味付けを間違える、掃除や洗濯がきちんとできなくなる
・身だしなみを構わなくなる、季節に合った服装を選ぶことができなくなる
・食べこぼしが増える
・洗面や入浴の仕方がわからなくなる
・失禁が増える
認知症に伴う行動・心理症状(BPSD)
・不安、一人になると怖がったり寂しがったりする
・憂うつでふさぎこむ、何をするのも億劫がる、趣味や好きなテレビ番組に興味を示さなくなる
・怒りっぽくなる、イライラ、些細なことで腹を立てる
・誰もいないのに、誰かがいると主張する(幻視)
・自分のものを誰かに盗まれたと疑う(もの盗られ妄想)
・目的を持って外出しても途中で忘れてしまい帰れなくなってしまう
(厚生労働省ホームページ 『みんなのメンタルヘルス』より一部改変)

これらの症状、行動上の問題などでお困りでしたら、佐藤病院認知症疾患医療センターへ(0238-43-6040)、まずは一度ご相談ください。



【児童思春期外来】

学校にいくのを怖がる、じっとしていられない、突然キレて暴れる、過食・拒食の問題、元気がない状態が続いているなどご心配なことがありましたら、まずはご相談ください。
完全予約制になっており、新患予約はおおむね18歳未満の方を対象にしています。(予約状況によって、高校生年代の方は精神科一般外来をご案内する場合がございます。)



【不安症・恐怖症外来】

不安感や恐怖感のために毎日の生活に支障を感じている方は、実はたくさんいらっしゃいます。

例えば、
・トンネルに入るとなぜか動悸が激しくなりどうにかなってしまいそうな感覚に襲われる。
・歯医者さんや美容室の椅子に座ってじっとしているとなぜか苦しくなり耐えられない。
・人前で吐いてしまうのが怖く、人との食事を避けてしまっている。
・大勢の前でスピーチをしようとすると極端にあがってしまい、ぎこちなくなって体がこわばってしまったり、どうしていいかわからなくなったりする。
・何度手を洗っても、まだきれいになっていないと感じて、長時間の手洗いをやめられない。
・外出するとき、戸締りをしたか、家電のスイッチを切ったか、気になってしまい、確認行為にかなりの時間をかけてしまう。
・狭いところが苦手でエレベーターに乗れず、いつも高層階まで階段を使っている。
・飛行機に乗ることが恐ろしく、とても耐えられないので、旅行や出張をあきらめてしまう。

これらのようなことでお困りの場合、精神科での診療がお役に立てるかもしれません。
たとえば、パニック症、社交不安症、強迫症、特異的恐怖症などの診断がつく場合は、お薬の服用によって不安や恐怖がやわらいだり、生活内で決められた取り組みをこつこつ続けることによって症状を感じにくくなったりすることを目指せます。
不安感や恐怖感のために生活に支障を感じておられる方は是非ご相談ください。



【ストレス外来】

ストレスによるこころの不調を感じたら・・・・
そのほか
・動悸がする。息苦しさを感じる。
・イライラする。
・肩こりや目まいがする。
・頭痛がひどい。
・便秘又は下痢がつづく。
などの症状がある方はストレスが原因かもしれません。
これらの症状は、適切な措置をしないと症状が悪化し長引くことがあります。
まずはお気軽にお問い合わせ下さい。



【依存症外来】
依存症とは? 特定の物質や行為を「やめたくてもやめられない」状態で、本人や家族が苦痛を感じたり、ひいては社会生活に悪影響を及ぼします
《代表例:●アルコール ●薬物 ●ギャンブル等 ●ゲーム、インターネット》
なりやすい人は? 誰でもなりうる病気です。原因は、「だらしがない」とか「意志が弱い」からではありません。人は不安や緊張を和らげたり、嫌なことを忘れるために、ある特定の行為をすることがあり、それを繰り返しているうちに特定の行動をコントロールする脳の機能が弱くなり、自分の意志ではやめられない状態になってしまうことがあります。
治るの? 適切な治療をすれば、回復が十分可能な病気です。
☆ 依存症かも? まずは、チェックしてみましょう!

ギャンブル等依存症の簡易チェック
□ギャンブルをするときには、予算や時間の制限を決めない、決めても守れない
□ギャンブルに勝ったときに『次のギャンブルに使おう』と考える
□ギャンブルしたことを誰かに隠す
□ギャンブルに負けたときにすぐに取り返したいと思う
上記の質問で2項目以上あてはまる方は、ギャンブル依存症の可能性があります。

参考:厚生労働省「依存症の理解を深めるための普及リーフレット」

《ご家族や身近な方へ》
周りに「依存症かも?」という人がいたら・・・
1.欲求をコントロールする脳の機能が弱くなっており本人の自覚もないため、自分の意志でコントロールしようとすると度々失敗することがあります。周囲がいくら本人を責めても問題は解決せず、「叱責」「処罰」「借金の肩代わり」などはむしろ状況を悪化させてしまいます。
2.ご本人が回復の必要性を自覚するまでに時間がかかる場合は、まず周囲の方だけでも受診してご相談いただき、対応方法を一緒に考えましょう。
3.悩みを聴いてもらうことによって、ご家族自身の気持ちを整理するきっかけになります。周囲の方が、おひとりで悩む必要は決してありません。

参考:厚生労働省「ギャンブル依存症の理解と相談支援の視点」
どうぞ、お気軽にご相談ください。



【発達障害外来】

・発達障害とは?

発達障害は、生まれつきみられる脳の働き方の違いや機能の偏りによって、コミュニケーションや対人関係、注意力や行動など、日常生活の様々な場面で困難を抱えることのある状態です。近年は、大人になってから困難を抱える場面が増えることで、そこで初めて発達障害と診断される方も多くいらっしゃいます。

・発達障害の主な種類・特徴

発達障害には、主に自閉スペクトラム症(ASD)、注意欠如・多動症(ADHD)、学習障害(LD)などが含まれます。同じ障害名でも人によって特徴の現れ方や強さが違ったり、いくつかの発達障害を併せ持ったりすることもあります。

・治療や支援について

発達障害があっても、特性に応じた日常生活や学校・職場での過ごし方を工夫することで、持っている力を活かしやすくなったり、日常生活の困難を軽減させたりすることができます。一般就労が難しい方は、障害者雇用や就労支援などを利用する方もいらっしゃいます。まずは自分自身、そして家族や職場の同僚など身近な方が、本人の特性を理解することがとても大切です。また、症状によっては行動療法や薬物療法が有効な場合もあります。

・お困りの方は…

当院外来では、発達障害の方のご相談・治療を行っています。診断や治療、制度利用の相談など、まずはお気軽に外来までご相談ください。
(参考:厚生労働省「みんなのメンタルヘルス総合サイト」)


常勤医師

沼田 由紀夫 (院長)、澤村 一司 (副院長)、岩本 康夫、渡部 亮、鈴木 泰宏、薛 陸景、直長 康子

非常勤医師

相田 睦武、阿部 ひろみ、伊藤 敬雄、太田 貴代光、川合 厚子、齊藤 卓弥、佐藤 忠宏(理事長)、鈴木 智崇、須山 聡、竹田 聡、西條 朋行、藤渡 辰馬、文 鐘玉、三村 將